スバル・プレオRA2のキーレスエントリーが動かなくなった!

スポンサードリンク

プレオRA2

 

スバル・プレオRA2のキーレスエントリーの修理

 

キーレスエントリーの故障箇所の確認

スバル・プレオRA2のキーレスエントリーが効かなくなったので、修理をすることにしました。

その備忘録として残すことにしました。

しかし、キーレスエントリーが効かなくなったと言っても、どこが悪いのか、故障の原因としていくつか上げられます。

1.キーの電池(CR1620)が消耗していないか?

2.キーの中の送信基板が壊れていないか?

3.受信機が壊れてはいないか?

4.ドアーのアクチュエーターが壊れてはいないか?

5.コントロール(センサー)基板が壊れてはいないか?

などの検査がまず必要です。

 

キーの正常確認

まず、キーの送信機から電波が出ているかどうかなのですが、私の友達が、スペクトルアナライザー、通称スペアナを持っていたので、それで電波が正常に出ているかどうかを測定して貰った結果、正常に電波が出ていることを確認しました。

5のコントロール(センサー)基板を外して見ましたが、目視では分かりませんので、確認を諦めました。

次にドアーロックが運転席側の窓の所にあるボタンで車内の全部のドアーのロック、アンロックが動くかどうかを試して見ましたところ、動かなかったので、これは怪しいと睨みました。

その事から、多分、『アクチュエーター』が動いていないのでは思い、運転席のドアーの中のアクチュエーターを取り出して見ることにしました。

どうも考えて見るに、運転席側のドアーの中のアクチュエーターが、4つのドアーのアクチュエーターを制御しているようで、運転席のドアーのアクチュエーターが壊れると、全てのドアーが動かなくなるようです。

それで、運転席のドアーの内側の内張を剥がし、アクチュエーターを取り出すことにしました。

ドアーの内張を外し方はこちらの参考サイト

ブチルが手に付かないように注意して下さいネ。

ドアの内張の内部はこちらの参考サイト

スバル・プレオRA2のキーレスエントリー

取り出したアクチュエーターを分解

アクチュエーターは接着剤が熱誘着でくっつていているので、蓋を剥がすのは大変でしたが、根気よくやりました。

最初はくっついている筋の入った所をカッターナイフで筋を入れ、周りに筋を入れたところに、アクリルカッターで切っていくと、割と簡単に剥がすことができました。

でも、20分くらい掛かったかも。

 

アクチュエーターの内部

蓋を外したところ

スバル・プレオRA2のキーレスエントリー

マブチのモーターが見えますが、この形式は、マブチ製のDCモーターで、型番はFC-280PCです。

ヤフオクで検索すれば、¥890くらいで売ってました。

1個購入しました。

しかし、バラして見てみると、このモーターが硬くで動きにくかったので、手で無理矢理回してみるとクルリと回りましたので、DC12Vを加えてやると、ガリガリと動き始めましたので、このまま使用することにしました。

ヤフオクで買ったものは、次回の予備品として残すことにしました。

アクチュエーターの固着

どうやら、アクチュエーター内のモーターが固着していたようです。

それは、この車は実は93歳の親父が乗っていたものですから、キーレスエントリーを知らなかったのか、全く使っていなかったので、モーターが使われずに固着していたものと思われます。

私は、モーターが劣化していたものと思っていたのですが,使われなかったためにシャフトが固着して動かなかったようです。

仮にそのまま車に持って行き、キーのボタンを押してみると、ガチャン、ガチャンとドアロックが掛かったり、アンロックしたりして正常にキーレスが作動しました。

これで、一安心です。

スバル・プレオRA2のキーレスエントリー
ホットボンドで固めて蓋を閉めました。

アクチュエーターの組み立て

念のためにギヤーにグリスアップを行い、蓋を閉めてホットボンドで固めました。

正式に元通りのアクチュエーターの姿に戻し、ドアーの中にセットしました。

ドアーを元通りに内張をネジで留めて作業完了です。

念のため、キーレスエントリーの試験をしましたところ、ガチャ、ガチャと正常に動作しました。

 

スバル・プレオRA2のキーレスエントリーが動かなくなった

 

キーレスエントリーの登録

最初はキーの中の送信機基板が悪いと思い、ヤフオクで2個買っておいたので、今まで使っていたキーを入れると合計3個のキーになりましたので、ヤフオクで買った2個は予備のキーとしました。

キーレスエントリーの登録は3個まで登録できるので、3個とも登録を行いました。

キーレスエントリーの登録の仕方は、ハンドルの下の白いコネクターのハーネスを接続すれば、登録完了しますので、ハーネスを接続したまま3個ロックをしてみます。

そうすれば、ガチャ、ガチャと音がしてロック、アンロックがあり、登録完了となります。

そこで、白いハーネスの接続を外すと登録が保存されます。

必ず、ハンドルの下の白いハーネスの接続を切って下さいネ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ